ホーム » 医療脱毛と美容脱毛 » 

回数も選べる医療脱毛。1回で済ませるということもできます。

読了までの目安時間:約 6分

医療脱毛は美容脱毛と同じように、

自分の好みに合わせて回数を設定することが可能です。

 

例えば私は顔まわり(主に髭の周辺)の脱毛を行いましたが、

全くのツルツルにしたいわけではありませんでした。

 

やはり多少髭が生えていたほうが、男らしさを保てると思いましたし、

手入れの手間が全くなくなるというのも少し寂しい気もしました。

 

 

我ながらめんどくさいやつですね(笑)

 

そういったイメージを担当の方に伝えたところ、

全く嫌な反応をすることなく、回数を1~2回にして調整してはどうでしょうか?

という感じでとても親切に対応していただきました。

 

私のほうが緊張してしまい、ドギマギしてしまったほどです(笑)

 

とまあそれはさておき、男性の方はツルツルにするよりも、

薄くする程度の方を希望する傾向にあるとの話でした。

 

というか、そのほうが圧倒的に多いようです。

 

ですので、1回だけ脱毛を行いある程度薄くして完了。

 

そんな方も結構多いようですね。

 

 

医療脱毛に関しては回数を自分で選ぶことが出来ますし、

脱毛後の状態によっては、更に追加で脱毛を行うことも可能ということになります。

 

特に医療脱毛は美容脱毛と違い、広範囲で一気に脱毛を行いますので、

女性はともかくとして、男性の場合は1回だけというのも全然アリです。

 

 

髭の脱毛って痛いの?

 

医療脱毛はレーザーを皮膚に直接照射しますので、

やけどしてしまうのではないか?すごく痛いのではないか?

そのように考える方も少なくないようです。

 

 

実際に私も医療脱毛を行うまでは結構ビビっていましたし、

痛いのが早く終わってほしい、そのように考えていました。

 

もちろん女性に比べて男性の方が毛根が太い分、痛みを伴うと言われていますが、

現在では脱毛機器もかなり進化してきており、痛みを大幅に軽減することが出来ます。

 

例えばアレキサンドレーザータイプのもの。

 

 

これはメラニン色素と呼ばれる黒色に反応するタイプの脱毛機器であり、

毛根の黒色に反応して表面を焼くという方法になりますが、

レーザーを照射する部分を引っ張り上げて、焼いたと同時に冷却することで、

大幅に痛みを軽減することができるようになりました。

 

最近の脱毛機器はこの機能が標準で備わっているため、

痛くて脱毛が出来ないということはないでしょう。

 

次にダイオードレーザータイプのもの。

 

 

これは比較的新しい脱毛方法ですが、毛根を焼くという方法ではなく、

その周辺の育毛に関連する領域に熱を蓄積することで、

毛の成長を抑制するというものです。

 

これは毛根を焼くわけではないため、

痛みが少なく済むと言われており、今後はこの脱毛のタイプが増えていくでしょう。

 

また、メラニン色素に反応するものではないため、

日焼けをしている方も脱毛をすることができるとされていますし、

産毛などメラニン色素が薄い部分であっても脱毛を効果的に行うことができます。

 

 

以上の2つの方法により、医療脱毛は痛い!と言われていたデメリットを、

大幅に改正することが出来たようです。

 

実際に渡しも髭の脱毛を行いましたが、

全く痛みがないとは言いませんが、思っていたよりも無かったと思います。

 

気がつけば終わっていたという感じでしたし。

 

繰り返しになりますが、男性は女性よりも毛根が太い傾向にあるため、

痛みが全くなくなるということはありませんが、

脱毛機器の目覚ましい進化によって、大幅に痛みを軽減することが出来ているようです。

 

スピードも早く、痛みも少なく、それでいて価格も以前と比べてだいぶ下がってきた。

 

そんな特徴がありますので、もしあなたが髭の濃さに悩まされており、

脱毛を行いたいと考えているのであれば。

 

医療脱毛を選択してみてはいかがでしょうか?

 

最近では全国レベルで提携を結んでいるクリニックも多いため、

場合によってはお住いの地域で脱毛を行うことも可能です。

 

 

医療脱毛おすすめランキングはこちら

 

医療脱毛と美容脱毛の違いは??太い髭対策はこれで安心!

読了までの目安時間:約 6分

私自身、自分の太い髭に悩まされており、医療脱毛を行った経緯があります。

 

これは数回の通院だけでかなり髭を薄くすることができますし、

もちろんその周辺の部位も脱毛することができるため、

一気に顔周りの毛を薄くすることだってできます。

 

 

あなた自身がもし太い髭に悩まされているのであれば、

毛根をレーザーによって破壊する医療脱毛をおすすめします。

 

ここで考えてしまうのが、エステの脱毛(つまり美容脱毛)でもよいのでは?

ということではないでしょうか?

 

では、そもそもこれらの脱毛はどのように違うのでしょうか?

 

 

医療脱毛とエステ脱毛の違い

 

まず医療脱毛はその名の通り医療行為に当たりますので、

基本的に病院に行く必要がありますし、

専門の医師でなければ脱毛をすることができません。

 

 

そして使用する脱毛機器も医療機器に分類されるものを使用することになるため、

出力が高いレーザーを照射し、脱毛のスピードが早いです。

 

全身脱毛であっても最短で数ヶ月で終了することができますので、

早さという点で優れていますし、何度も足を運ぶ必要がありません。

 

また、脱毛の回数を少なくすれば薄くすることもできますので、

自分で自由に選択することができるのが強みです。

 

その反面、価格が少々高いのと、あくまで病院で受診する必要がありますので、

美容脱毛と比較した場合は受診できる場所が限られてきます。

 

これに対して美容脱毛は出力が弱く、そして医療行為に該当しない範囲で、

脱毛を行うことになります。

 

 

医療脱毛と違い、医師である必要が無いため、

エステであればどこでも受診することができます。

 

病院とは違って店舗数も多いのも特徴です。

 

反面、脱毛を完了出せるまでのスピードが遅く、

何度も足を運ぶ必要がありますし、専門の医師が行うということではないため、

あくまで一般の方に脱毛を行ってもらうという点に注意が必要です。

 

また、正確には脱毛というよりは減毛と言われており、

あくまで医療に該当しない範囲で少しずつ薄くしていくというイメージです。

 

 

それでも医療脱毛をおすすめする理由は?

 

私が医療脱毛をおすすめする理由は、

 

①最近では医療脱毛を行える場所が急激に増えてきており、

価格がだいぶリーズナブルになった。

 

②提携クリニックも増えてきているため、近場で受診することができる。

 

の2つが挙げられます。

 

 

実はここ数年で脱毛機器は目覚ましい進化を遂げており、

医療脱毛を行えるクリニックが急激に増えてきました。

 

言ってしまえば価格競争になってきたということでしょうか。

 

そのせいか、一昔前までは高すぎて手がなかなか出せなかった医療脱毛も、

最近ではかなり価格が下げられてきており、

場合によっては美容脱毛とそれほど変わらない価格設定で受診することができます。

 

また、多くのクリニックが全国的に提携を組むようになっており、

場合によってはお住いの近くのクリニックで受診することができるようになりました。

 

 

例えば私は青森県在住ですが、青森市に提携クリニックがあるため、

そちらで脱毛を行うこともできます。

 

※私が脱毛したときはそんなことを知らなかったのでわざわざ仙台まで行きましたけど。

 

つまり、スピードも早く、料金もだいぶ下げられ、近場で脱毛をすることができる。

 

となれば医療脱毛を選択しない手はないですよね?

 

もしあなたが私と同じように太い髭の対策をなんとかしたいと考えているのであれば、

医療脱毛を選択してみてはいかがでしょうか?

 

 

医療脱毛おすすめランキングはこちら

当サイトおすすめ!

髭の脱毛の安さはNo1!

KM新宿クリニック

 

 

カテゴリー
ブログランキング参加中

メタ情報